■働きつづけるということ。「小1の壁」■
e0132392_11581847.jpg

小学3年生になった双子。

体重の差はあるけれど、
身長はいつまでたってもぴったり同じなんです。

でも色の黒さが全く違う^^;
サッカー少年の息子は顔が真っ黒!
足は長い靴下を履いていてまだ白いのですが…

e0132392_12005208.jpg
みてくださいこの首の色…笑

GWの間に会った友達がちょっと元気がなさそうでした。

話を聞いてみると

「子どもが小学校1年生になって、
やっぱり仕事を辞めたほうがいいんじゃないなかと思うことが時々ある…。」

という話。

最近よく耳にする【小1の壁】です。

うんうん、
うんうん。

私自身、
子どもたちが小学校1年生にあがった2年前、
すこしだけ同じように感じたことがありました。

もともと保育所では働くママたちに囲まれていました。
お互いがんばろ〜と励ましあいながらの仕事と育児の5年間。

そして小学校に入ってはじめて、
実は働くママの人数が自分が思っていたほどはいなくて、
「学童」に通う子どもたちが少ないことを知りました。

e0132392_13085533.jpg

・おうちで待ってあげていたほうがいいのかな
・やっぱり帰ってきてすぐ顔をみてあげたほうがいいかな

そんな気持ちになったこともあります。

でも、心の真ん中では、
「働きつづける覚悟」
「働きつづけたい気持ち」は決まっている。

子どもたちに、ごめんね、ごめんねと思うのではなくて、
お互いにがんばろう!そんな気持ちで、日々を過ごしていたら、
あっというまに3年生になりました。

もう6時間目の日も週2回あって、
学童に通う日も少なくなってきたし、

習い事には自分でいきはじめ、
春休みには子どもたちだけで電車でおばあちゃんちにお泊まりも経験。

ああ、あっというまに大きくなります^^;
書いてて寂しくなるくらい!

e0132392_13171082.jpg
今年はPTA役員をさせていただくことに!

だから、
もしいま「小1の壁」で悩んでいる方がいたとしたら、

もちろん
働き方や家族の考え方、
子ども性格などいろいろな違いはあると思うけれど、
急いで答えを出さずに、

もうすこしだけ、
「働くことと暮らすこと」が
うまく混ざり合える境界線を探してもらえたらと思いこの記事を書きました。

環境はすぐには変えられないけれど、

・じぶんの前向きな気持ち
・子どもへの明るい声かけ

などは、今日からきっとできるはず!
*自戒の意味をこめて^^

子どもたちは、
「仕事」「働くこと」への興味がとてもあるし、
「お金をいただくことへの感謝、ありがたみ」も
日々の話のなかから、少しずつ理解してくれているように感じます。

私はやっぱり働き続けてきてよかったと思うことばかりです^^



\ランキング参加中。応援クリックをいただけると嬉しいです/
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●おかげさまで著書10冊!著書紹介●
e0132392_15523839.jpg

by Emi-OURHOME | 2018-05-08 09:00
<< ■メイクグッズ、どんな風に収納... ■GWのちょこちょこ家事@調味... >>



■Emi 整理収納アドバイザー。10冊目の新刊「デスクと気持ちの片づけで、見違える、わたしの仕事時間。」出版。レッスン開催、執筆、オリジナルのモノづくりから販売までを行っています。
by Emi-OURHOME
▶information
● Emi/整理収納アドバイザー

ホームページ

インスタグラム

OURHOMEオンラインショップ

OURHOMEくらしのレッスン

WEB LETTER(メルマガ)ご登録はこちらから

お問い合わせメールフォーム



本棚に置けるメモリアルボックス


1年に1冊!写真アルバム


1ヶ月に1枚!育児日記カード


カラフル12ヶ月マンスリーカード

e0132392_1852465.jpg
オリジナル「ざっくりアルバム」
タグ
(324)
(237)
(162)
(142)
(97)
(95)
(66)
(51)
(50)
(46)
(35)
(34)
(34)
(32)
(25)
(24)
(24)
(17)
(16)
(13)
(11)
(9)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ライフログ
掲載誌
検索
以前の記事
2018年 12月
2018年 05月
2018年 04月
more...
ブログパーツ
記事ランキング